1954 年 9 月 「全日本菓子工業協同組合連合会」として設立。
日清製菓株式会社会長 永井要造氏、初理事長に就任
1955 年 農林省から実需者向粗糖割当を受け、組合員に配給を開始
1962 年 7 月 東鳩東京製菓株式会社社長 小林茂義氏、第二代理事長就任
1974 年 9 月 優良協同組合連合会として、倉石忠雄農林大臣より表彰
1984 年 3 月 カンロ株式会社社長 村上豊氏、第三代理事長に就任
     10 月 創立30周年記念式典慣行
1990 年 5 月 東鳩東京製菓株式会社社長 小林義進氏、第四代理事長就任
1993年 11月 設立40周年記念式典慣行
1996 年 4 月 メーカー・問屋との共催による
共同見本市・菓子夢フェスタ開催の構想を提案
1997年 12月 メーカ−、問屋との共催による第一回お菓子フェスティバルを
東京ビッグサイトにて開催
(5回の開催の後菓子需要喚起対策へと移行)
2002 年 2 月 カンロ株式会社会長 園重忠之氏、第五代理事長就任
2003 年 5 月 創立50周年記念式典慣行
2005 年 3 月 第1回チャリティゴルフ大会開催
新潟県山古志村小学校にチャリティ募金を寄贈
2006 年 3 月 第2回チャリティゴルフ大会開催
あしなが育英会にチャリティ募金を寄贈
      5 月 株式会社エイワ 小高愛二郎氏、第六代理事長就任
     11月 第3回チャリティゴルフ大会開催
あしなが育英会にチャリティ募金を寄贈


組合設立の沿革

 昭和20年代後半菓子業界は、統制経済の撤廃などによる混乱状態の中にあって、菓子の原料入手は非常に困難な状況下にありました。このような現状を打破し、業界の発展を図るには個々の努力のみでは不可能との判断から、当時菓子生産額の約60%を占める中堅企業の集結が必要不可欠でありました。
 農林水産省の指導の下、全国の菓子中堅企業に対し呼びかけを行ったものの、多くの企業はビスケット類、キャンディー類、チョコレート類等それぞれの専業メーカーであり、原料が異なる等の問題や、業種間の問題等幾多の困難がありました。
 しかしながら、菓子産業の発展を期する全国の菓子中堅企業の同志的結合の基に、中小企業等協同組合法に準拠し、その傘下に5ブロック(現在3ブロック)の組合が設立されました。



共同購入事業の着手

 設立と同時に会員の利益確保と連合会事業の確立を図るため、連合会事業の主要事業である菓子原料の共同購入事業に着手いたしました。
 当時原料製造メーカーは、代理店制度による販売方法を固持し、連合会との直接取引には問屋等の反対により、極めて困難な状況下にありました。
 昭和32年に至り、砂糖について原料メーカーとの直接取引が成立し、菓子原料の共同購入事業の糸口となりました。その後、昭和39年には小麦粉及び水飴、ぶどう糖の取引が成立し、共同購入事業がさらに発展いたしました。
 会員が共同で購入するというスケールメリットを活かして、経済的負担の軽減、原材料の安定供給、連合会の財政基盤の強化を目的とし、現在は上記原材料はもとより包材資材、従業員用作業衣等の斡旋、高速道路料金別納制度やガソリン、軽油の燃料など広範囲におよび主要な事業となっております。


主な共同購入事業及び提携企業

砂糖、小麦、水飴、異性加糖     三菱商事株式会社・日本コーンスターチ株式会社
包装資材                 森紙業株式会社
作業衣、帯電帽子            アプロンワールド株式会社
高速道路料金別納制度        関東通信事業協同組合・エヌ・ビー・シー協同組合
ガソリン等燃料油            東日本宇佐美株式会社



勉強会・研修会の開催

 当連合会では、年2回(新年研修会・秋期研修会)、流通問題や経営問題、また危機管理等に精通するエキスパートを講師に招いての研修会を開催いたしております。
 また、食品産業を巡る諸問題等菓子産業が直面する課題に対し、講演会を実施し、会員相互の見聞を広めるとともに、相互理解に努めております。



近年実施した研修会

平成27年度
2月9日(火) (株)DDR代表取締役 安藤 竜二 氏
「お菓子が元気になる」〜中小企業だからこそ出来るブランド術
10月23日(金) (株)山星屋品質管理部長 森本 一郎 氏
「失敗しない商品回収」
平成26年度
11月25日(火) カルビー(株)取締役相談役 松尾 雅彦 氏
「実業者は凡庸」であってはならない
平成25年度
10月3日(木) WFP国連世界食糧計画日本事務所支援調査官 中井 亘 氏
「地球の飢餓を救え!」国連食糧計画(WFP)と食糧支援
平成24年度
2月9日(木) 三菱商事株式会社顧問 木島 綱雄 氏
食品を中心とした中国の現状とビジネスチャンス
平成23年度
9月28日(水) 株式会社山本海苔店取締役副社長 山本 泰人 氏
振り返れば未来・日本橋ものがたり
平成22年度
2月14日(月) 防衛省一等海佐第一会場補給隊司令 五島 浩司 氏
ソマリア沖・アデン湾における海賊対処活動を終えて
10月7日(木) クラシエフーズ株式会社専務執行役員村上三平氏
「菓子へのトヨタ生産方式の適用事例」
売れに合わせたモノ造りの仕組み作り
平成21年度
2月17日(金) 株式会社未来と経営の研究所 所長 飛岡 健 氏
この世にお菓子がなかったら
10月29日(木) 工学院大学教授 稲葉 敦 氏
「低炭素社会つくりへの取組-カーボンフット」
平成20年度
11月25日(火) 東京大学准教授 工学博士
西成 活裕氏による講演
「ムダとりと渋滞学」
5月30日(金) 農林水産省総合食料局食品産業振興課課長補佐
藤田邦夫氏による講演
「企業におけるコンプライアンス」について

エコプライニング株式会社代表取締役
宮澤広栄氏による講演
「国際規格ISO22000について」
2月15日(金) 日本食料新聞社代表取締役
今野正義氏による講演
「変わる食品・変わる消費環境(明日のゆくえ)」
平成19年度
10月16日(火) 精糖工業会会長
久野修司氏による講演
「フィデルカストロと白州次郎の信念と生きざま」
2月16日(金) 伊那食品工業株式会社代表取締役会長
塚越寛氏による講演
「企業の真の目的は何か
「年輪経営で成長を続ける元気印のひみつを語る」」
平成18年
10月5日(木) 元日産自動車株式会社副社長
楠美憲章氏による講演
「日産改革の支店と教訓」
2月14日(火) エム・アール・シーユナイテッドアソシエイツ株式会社代表取締役社長
川一男氏による講演
「日本の食品消費市場の基盤が変わっていく」
平成17年
10月4日(火) 元警察庁警備局長並びに内閣総理大臣秘書官
株式会社国際危機管理機構代表取締役
金重凱之氏による講演
「企業における危機管理について」
2月14日(月) 全日食チェーン株式会社取締役会長
田中彰氏による講演
「日本のボランタリーチェンの現状と今後について」


海外協力等の取組

 農林水産省補助事業の一環として、食品産業海外協力円滑化事業の委託を受け、タイ・ベトナム・中国に技術指導者を派遣するなど、アジア諸国の菓子産業の発展の一翼を担うなど幅広い活動を行っております。

実施した事業

平成6年2月15日〜20日
財団法人食品産業センターの依頼を受け、食品産業海外協力円滑化事業の一環として、小林理事長団長の下、タイ、ベトナム、香港に視察団を派遣し、現地食品産業の現状を調査するとともに技術交流を実施した。

平成8年7月5日〜11日
財団法人食品産業センターの依頼を受け、食品産業海外協力円滑化事業の一環として、小高理事長団長の下、上海、北京に視察団を派遣し、現地食品産業の現状を調査するとともに技術交流を実施した。


チャリティゴルフ大会の開催

 お菓子の持つおいしさ・楽しさといった、生活に夢と潤いを与えるものとして、国民の皆様に親しまれておりますが、菓子産業としてさらに社会に対して貢献が出来ないものかと考え、参加者の方々の親睦と社会的貢献を目的に、チャリティゴルフ大会を開催することにしました。

平成17年3月8日(火)第1回全日菓連チャリティゴルフ大会
千葉県市原市の姉ケ崎カントリー倶楽部において開催
チャリティ募金50万円を中越沖大地震の山古志村小学校に寄贈。

平成18年3月17日(火)第2回全日菓連チャリティゴルフ大会
千葉県市原市の姉ケ崎カントリー倶楽部において開催
チャリティ募金45万円をあしなが育英会に寄贈。

平成18年11月21日(火)第3回全日菓連チャリティゴルフ大会
千葉県市原市の姉ケ崎カントリー倶楽部において開催
チャリティ募金45万円をあしなが育英会に寄贈。

平成19年11月13日(火)第4回全日菓連チャリティゴルフ大会
千葉県市原市の姉ケ崎カントリー倶楽部において開催
チャリティ募金45万円をあしなが育英会に寄贈。

平成20年11月11日(火)第5回全日菓連チャリティゴルフ大会
千葉県市原市の姉ケ崎カントリー倶楽部において開催致しました


皆様方のご協力をもちまして全日菓連チャリティゴルフ大会は盛況に開催されました。

平成21年11月10日(火)第6回全日菓連チャリティゴルフ大会
千葉県市原市の姉ケ崎カントリー倶楽部において開催
チャリティ募金40万円をあしなが育英会に寄贈。

平成22年11月16日(火)第7回全日菓連チャリティゴルフ大会
千葉県市原市の姉ケ崎カントリー倶楽部において開催
チャリティ募金40万円をあしなが育英会に寄贈。


平成23年11月19日(火)第8回全日菓連チャリティゴルフ大会
チャリティ募金30万円をあしなが育英会に寄贈。


平成24年11月6日(火)第9回全日菓連チャリティゴルフ大会
チャリティ募金32万円をあしなが育英会に寄贈。


平成25年11月12日(火)第10回全日菓連チャリティゴルフ大会
チャリティ募金32万円をあしなが育英会に寄贈。


平成26年11月11日(火)第11回全日菓連チャリティゴルフ大会
チャリティ募金32万円をあしなが育英会に寄贈。


平成27年11月10日(火)第12回全日菓連チャリティゴルフ大会
チャリティ募金29万円をあしなが育英会に寄贈。


工場見学会の開催

 当連合会の傘下会員企業のご協力をいただき、工場見学会を実施し、見聞を広めるとともに会員相互の親睦に努めております。
 当連合会は異業種の会員の集まりであることから、他業種の工場見学を実施することで衛生管理システムの違い等、新たな発見に結びつく等会員企業からの支持も高く、今後とも取り組んで参りたいと思います。


今までにご協力をいただき実施した企業

平成17年11月17日〜18日
カンロ株式会社
キャンディの製造工程等見学及び会員相互の親睦

平成19年3月16日〜17日
井村屋製菓株式会社
あんまん、肉まん及び冷菓の製造工程見学及び会員相互の親睦

平成20年5月9日〜10日
ちぼりキネヤ株式会社
洋菓子の製造工程等見学及び会員相互の親睦

平成21年10月23日〜24日
株式会社栗山米菓
米菓菓子の製造工程見学及び会員相互の親睦

平成22年10月22日〜23日
株式会社でん六蔵王の森工場
豆菓子の製造工程等見学及び会員相互の親睦

平成23年11月25日〜26日
株式会社湖池屋京都工場
ポテトチップスの製造工程の見学及び衛生管理システム

平成24年11月29日
石井食品株式会社
食肉の製造工程の見学及び
無添加食品への取組、衛生管理システム

平成25年10月24日〜25日
伊那食品株式会社
寒天の製造工程の見学及び
取締役会長塚越 寛 氏 講演

平成28年1月22日〜23日
井村屋シーズニング株式会社
野菜エキスを基本とした調味料の粉末化、顆粒化の見学及び
衛生管理システム

 菓子は生活に夢とゆとりをもたらす、ある意味では「日本の文化」の一端を担う側面を持っており、「食育」の立場からも重要な役割を果たすとともに、食品産業の中で確固たる地位を築いております。
 昨今の食品産業全体を巡る状況は、BSE問題や食品の表示問題等、食と農に関する様々な課題が顕著化しております。
 菓子産業におきましても、食品に対する消費者の関心が高まる中で、食の安全・安心の確保や品質管理の高度化が求められ、国際化の進展に伴う競争力の強化など、菓子産業が直面する課題も多くなってきております。
 当連合会といたしましても、求心力をいっそう高め、時局に柔軟に対応する中で、加盟企業の利益を実現するという原点を、踏襲して参りたいと思います。
 個々の企業だけでは、対応しかねる問題を多く抱えており、行政当局をはじめ関係諸団体との連携を密にし、万全を期するよう努めて参りたいと思います。